TRANSLATION

旅する、千年、六古窯

「日本六古窯(にほんろっこよう)」は、古来の陶磁器窯のうち、中世から現在まで生産が続く代表的な6つの産地(越前・瀬戸・常滑・信楽・丹波・備前)の総称です。2017年春、日本遺産に認定されたことを受けて発足した六古窯日本遺産活用協議会の運営するWEBサイト「旅する、千年、六古窯」は、“ やきもの”を通して、人間の根源的な営み、人と自然との関わり、ものづくりの根源を再考する取り組みです。SW_は本プロジェクトの対英訳を監修いたしました。

六古窯

THE SIX ANCIENT KILNS 

THE SIX ANCIENT KILNS IS A COLLECTIVE TERM THAT REFERS TO JAPAN’S SIX DISTINGUISHED KILNS OF ECHIZEN, SETO, TOKONAME, SHIGARAKI, TAMBA AND BIZEN. THESE KILNS HAVE PRODUCED POTTERY FROM MEDIEVAL TIMES TO THE PRESENT DAY. THE TERM WAS COINED BY A HISTORIC CERAMICS SCHOLAR, FUJIO KOYAMA, IN 1948, AND THE SIX ANCIENT KILNS WERE DESIGNATED AS JAPAN HERITAGE SITES IN 2017. ENGLISH TRANSLATION BY SW_.

THE SIX ANCIENT KILNS

写真は魔術

シャーロット コットン (著)、後藤繁雄 (監修)、深井佐和子 (翻訳)

光村推古書院・刊

2015年

Photography Is Magic by Charlotte Cotton

Originally published by Aperture, US in 2015

© 2019 SW_